屋根カバー工法による屋根リフォームのメリットとデメリットとは?


古くなった屋根の上に新しい屋根材を重ねる屋根カバー工法には、様々なメリットがあります。

まずリフォーム費用を抑えることができることです。葺き替えの場合には撤去費用や処分費用が発生しますが、屋根カバー工法では発生しません。江戸川区でアスベストの処理方法について知りたいという方は街の屋根やさんというリフォーム会社に相談してみてはいかがですか?

江戸川区での屋根工事は街の屋根やさん東京にお任せください

二つ目に防音性や防水性をアップさせることができるほか、断熱効果の工場も期待することができます。三つ目に工事期間を短縮することができます。工事がシンプルになるため、その分工期が短縮されます。また既存の屋根にアスベストを使用している場合、アスベストが飛散することを防止することができるのも魅力です。

屋根カバー工法にはこのような数々のメリットがある一方で、デメリットも存在しています。

それは屋根が重くなることです。二つの屋根材が重なっているのですから、これは容易に想像することができるわけですが、屋根が重くなると家への負担が増してしまいます。普通に生活している分には屋根が崩れてくるという心配があるわけではありませんが、大きな地震などが発生した場合に不安があります。

そのためできる限り軽量なガルバリウム鋼板などを使うことが推奨されます。なお、劣化が激しい場合は、この屋根カバー工法による屋根リフォームは行うことができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>