私自身が行った室内塗装メンテナス


室内のフローリング部分を塗装でメンテナス

室内の塗装についてですが、我が家を実例に実際に私自身が行った事例についてお話しましょう。

我が家は普通の注文住宅で建てた20年ほど経った木造住宅ですが、主な部屋の作りは洋間がDKを含めて三間、其れに和室が三間あり、玄関から各部屋へは廊下で結ばれています。


作り材料そのものは和室は別にして洋間と廊下は、主に、床や廊下、其れに壁は合板のフローリングを使用しています。 勿論、フローリングというのは合板ものの木材ですので、台所では特に水気に弱く、表層部分がはがれるようになってきます。

又、太陽光にも比較的弱いようで、経年とともに色が褪せてきて更に年数がたちますと表層部分が曲がりながら剥がれてきます。 従って、気が付いた時点で早々に、メンテや対策を講じなければならないようです。

そんな事で我が家では、先ず、台所の見えている表面部分に「ニス」の塗料で表面を塗装し、更に、太陽光の当たる壁面においても同様のニス塗料を施したのです。 特に、水に濡れる台所は色の濃いものを使用し二度塗りを施しましたし、又、壁面に関しては透明のクリアーなもののニスを施したわけです。

合板のフローリングは最近流行の建築素材でしょうが、兎に角、水と光には弱い面がありますので、早めの室内塗料などのメンてを施したほうが良さそうです。