家、財産、家族を守る~防犯~


空き巣などの被害に遭わないためにリフォームでできること

   長引く不景気からか空き巣などの窃盗a0008_000473_mが増えているそうです。また、少子高齢化で一人暮らしの高齢の方も少なくありません。自分の身は自分で守るに越したことはありません。

死角の多い家、侵入しやすい家が狙われる

   泥棒は人から見られることを嫌います。人から見えないところを狙って、侵入してきます。隣の家の塀と建物の間はまさに見えにくいところであり、そんなところに窓があったら狙われます。ガラスルーバー(ガラスが小割りになっている窓)は簡単にはずせるため、1分で開けられてしまいます。カーポートの屋根を伝ってバルコニーから侵入することもあります。

防犯対策と言えばセキュリティ会社と契約する方法もありますが、リフォームでできることもあります。

  • 玄関や窓の鍵を開けにくいものにする
  • ガラスに防犯フィルムを貼る
  • バルコニーは外から見えるように格子状や透明性のある材質にする
  • 隣の家との塀との建物の間に玉砂利を敷き詰める
  • 人が通ると明かりがつく、センサーライトを設置する
  • 長期に渡って家を空ける時は、人がいると思わせるよう部屋の照明を点けっぱなしにしておく。

a0001_000845_m   最近のセンサーライトは太陽光で蓄電するタイプもあります。点けっぱなしにする照明はLEDならさほど電気代もかかりません。

   ちなみに窓に格子をつけても、防犯効果はあまりありません。格子はアルミ製が多いため、力を入れると曲げられてしまいます。数分で取りはずすことも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>